FREE ART SOZAI-log

フリー素材を毎日更新するブログ。

メニュー

簡単にできるパターンの作成方法〜AdobeCaptureの使い方〜

フォトショップでパターンを作れない方へ朗報!秒殺パターンの作り方

こんにちは。

本日は「Photoshopでパターンをうまくつくれない」不器用なあなたへ。。。朗報です。

私も、「水玉カラーズ」というパターン柄壁紙素材サイトを運営してますが、あまりにパターンを作るのが下手すぎて、更新が滞っておりました。

そこで、スマホでさささっとパターンを作れるスマホアプリ「Adobe Capture(アドビキャプチャー)」を紹介します!

この方法はAdobeCCを契約していればすごく便利ですが、無料でAdobe IDを登録すれば、持ってなくてもパターンだけゲットできるので、
オリジナルでブログの背景を作りたい!なんて思ってる人には朗報です。

 

以下、私の使用環境は

iPhone7

Mac OS Sierra MacBookPro

AdobeCC です。

ステップ1・スマホにAdobeCaptureをダウンロードして起動

公式サイト

http://www.adobe.com/jp/products/capture.html

AdobeCaptureというアドビの無料アプリをダウンロードしてください。

いろいろあ超便利な機能があり、ヘビロテしてるのですが、今回は「パターン」の機能をご紹介します。

ステップ2・ログイン後、適当な画像・写真を撮影

AdobeIDを持っていない人はここで無料登録しておいてログインしてください。

持っている人はデスクトップアプリ共通のIDとパスワードでログインしてください。

 

スッテプ3・パターンを作成する

・メニューからパターンを選択

メニューの中からパターンを選択してください。登録するライブラリを変更することも可能です。

・撮影、画像選択後、パターン種類の選択

パターンの元になる画像を登録します。

今回はあらかじめ撮影しておいた画像を使いますが、そのまま撮影したものを使うこともできます。

画像選択して、どこでカットするか選ぶ

 

POINT ここで指で拡大、縮小して、画像範囲を変化させることができます!

ステップ4 角度を設定する

プレビュー

上のメニューからいつでも編集へ戻れます。

次へ。

保存する

保存する。

ステップ5 書き出し

書き出しに関しては、Photoshopを使ってる方と持ってない方、使用したい方法でちょっと違ってきますので、自分がどうやってパターンを使いたいかというのを把握しておきましょう。

登録したライブラリを選び、先ほど作成したパターンを選択。

書き出しボタンを押します。

 

書き出し形式はパソコンへ転送され、カメラロールはスマホに保存されます。

 

パターンタイル

パターンタイルで保存すると、「Photoshopでパターン登録した時にそのまま継ぎ目のないパターン素材」として使えます。

 

しかし、かなり大きな画像なので、Photoshopで使わない方、そのままサイトの背景などに使いたい方は小さめのサイズに変換して使うといいかもしれません。

画像

640*640pxの画像に保存されます。

 

 

フォトショップでパターン登録して使うとこんな感じ!

暗めだったので、明るさを調整してみました。

素敵なパターンの完成!!

 Photoshopを持ってる場合は、、(AdobeCC)

AdobeCCのPhotoshopを使ってる方はライブラリで同期されてるので、このままパターンとして使えます。

(結構同期するのに時間がかかるのですこし待ちましょう。)

その他こんな画像でも素敵なパターンができます!

他にもこんなパターンが数秒でできます!

こんなどうでもいい写真が、、

こんなモダンなパターンにい!!!

この落書きが、、

 

こんな感じのパターンが作れます!!

 

まとめ

AdobeCaptureは他にもカラー(カラーをピックできる機能)や簡単にベクター素材を作れる「シェイプ」など初めてでも簡単に使えるアプリです。

AdobeCCの契約をしていれば、即PhotoshopやIllustratorと連携できますので、(ライブラリと同期できます。)

私は「今日はパソコン作業したくないわー」って時に布団の中でパターン作ったりしますよ。

ぜひ試して見てください。

※途中、テストのために作成した画像が前後してますが、そこらへんはご容赦ください。また時間がある時に修正します。

makiko

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. ベクターバロックライン素材フリー素材
  2. 薄墨パーツセットベクター素材フリー素材
  3. 水彩ドット高画質ベクターフリー素材
  4. シンプルパールフレーム楕円